【波動カウンセリング・体験者の声】風の時代に向けて

体験者の声

【波動カウンセリング・体験者の声】風の時代に向けて

 

『体験者の声』アンケートにご協力を頂いたH.I様は、2回目のKTS-PRO波動カウンセリングでのキーワードは《家系の集合意識のカルマ》でした。

 

当院の波動測定は、自分の望みを叶えるために軌道修正が必要なところへズバリ焦点を当てます。

 

たとえば、オリンピックの選手がメダルを獲得するために、どんな姿勢で練習に臨むでしょうか?

『こんなに頑張っているところを褒めて欲しい』という指導をコーチに求めるでしょうか?

 

本気でいまの自分よりも成長を求めるのなら、褒められることよりも自分の弱点を積極的に知り、乗り越えることでより強くなろうとするでしょう。

 

KTS-PRO波動カウンセリングの測定結果も同じようなことがいえます。

 

健康面の悩み。生き甲斐を感じる仕事に就きたい。人間関係に悩んでいる。金運を上げたい。素敵なパートナーに出会いたいetc‥

 

今回のH.I様は『風の時代とともに軽やかな身体と思考になりたい』というご希望でした。

 

自分の望みを叶えるために妨げとなっているのは、自分の潜在意識に潜むネガティブな情報。

KTS-PROの波動測定では、その情報がどこから影響しているのかを測定して解き明かしていきます。

 

さらに、原因は〇〇でしたという結果のみを示すだけではなく、妨げとなっている情報がある「4次元層・5次元層(魂・集合意識)」の修正と、そこから発生するネガティブなエネルギーの影響を受けている「現在の自分」を修正することも同時に行います。

 

H・I様の測定結果から、ご自身の望みである『風の時代とともに軽やかな身体と思考になる』ために必要だったのは、5次元層にある「家系の集合意識のカルマ」の解消であり、特に反応が強かった「父方祖父」の影響が大きいことが分かりました。

 

【波動カウンセリング・体験者の声】風の時代に向けて

 

H.I様は測定結果を真摯に受け止められて、亡き御祖父様に改めて意識を向けることとなりました。

 

これまで自分の中に常にあった、何とも言い表せられない孤独感や寂しさは、御祖父様が遺した感情でもあった・・・

もう言葉を語ることができない御祖父様の無言のメッセージに気付くことができました。

 

その後すぐに、仏壇と墓前で感謝と謝罪の思いを向けられたのだそうです。

 

こうした気付きを素直に行動に移したことで、ある変化が起きました。

 

断捨離をしようと自宅の物置を掃除していたら、いままで見たことがない御祖父様が生前に国から授与された『賞状』が出てきたそうです。

 

これはきっと祖父からの合図だ!と思える現象が起こり、自分の思いがちゃんと伝わっていることをリアルに感じる体験をされました。

 

先祖代々受け継がれるDNAに刻まれているのは、肉体の特徴だけではありません。

ご先祖様が遺した感情・カルマ・トラウマは、子孫の心身の状態にもそのまま影響する法則があるのです。

 

この法則を無視して、見えない・信じられないからと放置して悩み続けますか?

それとも、受け継がれたカルマやトラウマを解消するための行動を起こしますか?

 

 『気づいて動けば、変わりだす』 

 

自分の潜在意識にあるネガティブな情報と向き合い、そこへ感謝と謝罪の思いを向けてクリアにすることが、現実を変えていく力になるのです。

 

【波動カウンセリング・体験者の声】風の時代に向けて
【波動カウンセリング・体験者の声】風の時代に向けて

 

〇お名前 H.I 様   〇ご年齢 46歳

〇ご来院の目的 風の時代とともに軽やかな身体と思考になりたい

 

2度目のKTS-PRO波動カウンセリングとパーソナル波動水で「家族の集合意識カルマ」に気づき、光を当てている最中です。

 

小川先生との対面カウンセリングで、ふと思い出した祖父の最期。

安心した最期でなかったので家族も親戚もその事について話すことははく、当時実家を離れていた私は詳細を知らないまま今に至っていました。

 

自宅に戻り仏壇と墓前で、感謝と謝罪の気持ちを伝えました。

すると後日、物置から存在を伝えるかの様に祖父が国から頂いた賞状がでてきました。

 

自分は自分だけでなく、先祖。過去世など色んな所からの思いや出来事が無意識に自分の中に存在しているということを実感しました。

 

「気づいて動けば、変わりだす。」

 

これからの風の時代を軽やかに過ごせる様に続けていきます。

 

Ten治療院

愛知県名古屋市千種区覚王山

~東洋医学 はりきゅう治療・アーユルヴェーダ・波動療法~

 

*身体の治療についてのホームページはこちら*
●トップページ Click
●ブログ Click

 

関連記事一覧