【波動カウンセリング・体験者の声】親子関係の悩み解消方法とは?

体験者の声

【波動カウンセリング・体験者の声】親子関係の悩みの解消

 

波動カウンセリングは、悩みの種である相手を変えることではありません。

その問題に捉われない自分になるためのケアです。

 

今回、アンケートにご協力を頂いたT.O様は、波動測定を受けたことで『ネガティブな事柄に慣れてしまっている自分』という状態に気付かされたようです。

 

その状態とは、ご自身の心がズタズタに傷つき、精神的な限界を感じていながらも、それでも親として息子さんを励まして見守り続けている姿。

 

波動測定をして、お渡しした数霊セラピーウォーター(波動水)も、相手を変えるための情報が入っている訳ではありません。

 

数霊セラピーウォーター(波動水)は、クライアント様自身の波動を変えることで、引き合う事柄が変わるように働き掛けていきます。

 

【波動カウンセリング・体験者の声】親子関係の悩みの解消

 

T・O様が波動水を飲み続けていったある日、『ボン!!』いう大きな音がして突然電子レンジが壊れてしまったそうです。

 

この思いがけない現象が、ターニングポイントとなりました。

T・O様は、それを単なる家電の故障としては捉えずに、『この現象は私そのものだ』と感じとられたのです。

 

『ボン!!』と目の前で壊れた家電は、私。

『もう限界!!』を表すようだ・・・と。

 

そのように自然に悟れた途端に、涙が溢れてきたのだそうです。

 

電子レンジの大きな音に驚き、心配して台所へ駆けつけてきた息子さんが、その時から母親を気遣うという変化が表れてきました。

 

これまでは、一方的に自分が息子を心配をしているという意識から、私も息子に見守られているのだというお互いさまの関係に目覚め、これまでにはなかった安心感に触れられた出来事となりました。

 

悶々と抱いていたネガティブな葛藤や不安感から解き放たれ、ようやくポジティブな意識が芽生える、大きな変化を得られたのです。

 

 

【波動カウンセリング・体験者の声】親子関係の悩みの解消
【波動カウンセリング・体験者の声】親子関係の悩みの解消

 

〇お名前 T.O 様   〇ご年齢 72歳

〇ご来院の目的  親子関係の悩みの解消

 

13年前に主人が亡くなったきっかけで、息子が寂しさからアルコール依存症になってしまいました。

 

手のつけられない状態から、途方に暮れる毎日がはじまり、現在は断酒に成功していますが、

しかしまだまだ不安定な状態から目を離すことができずそれが私にとっての大きな悩みでした。

 

息子を精神科に受診をすすめていましたが嫌がりどうにもならないストレスの日々でした。

 

それで、Ten治療院さんのカウンセリングを知人にすすめられて、波動水を飲むことになりました。

波動水を飲み続けていくことで、あんなにとらわれていた心配の種の息子に振り回されていた私の気持ちが、不思議と安定しています。

 

波動水でなければこの様な変化と結果を得られることはできませんでした。

波動水に出会えて本当に良かったと思います。

 

関連記事一覧