3月22日は何の日?

波動について

3月22日は何の日?

 

今日3月22日は、【世界水の日】

1992(平成4)年の国連総会で記念日制定された国際デーのひとつです。

 

人間は水がなければ生きられない。

水の恩恵があってこそのイノチだということに、感謝の気持ちをもって過ごしたいと思います。

 

そんな大切な水が豊富にある日本は、水の楽園でもあります。

 

全国の自然の水を凍らせて結晶にした写真を見ると、一つ一つがとても個性的で美しい形を持っています。

 

水には波動を記憶する力があり、どのような波動を記憶しているかはこうして結晶として目で見ることができ、

 

それはすなわち、日本の大地の波動そのもの。

 

森林に降る雨が、時間をかけてゆっくりとその土壌に染みこんでいく間に、大地の波動が転写されていくのです。

 

こうして湧き出た水は天然の波動水となります。

 

場所によっては霊験あらたかな水として不思議な働きをする水もあるようですが、きっとそれはその水を飲むことで波動が調整されて元気になったり癒されるのではないでしょうか。

 

自分の波動をどのように高めていきたいか、それを叶えるオーダーメイドの波動水を作るのが当院の波動カウンセリングです。

 

水の持つ力を、ご自身の心身のケアに生かしませんか?

 

日本各地の水の結晶写真

水の結晶写真・高知県・四万十川

高知県・四万十川(中流)

水の結晶写真・山梨県・三分一湧水

山梨県・三分一湧水

水の結晶写真・熊野 玉置神社の湧き水

奈良県・玉置神社の湧き水

関連記事一覧