マイナスカルマを解消する方法

波動について

マイナスカルマを解消する方法

 

私は肉体からのケアを行う鍼灸師・アーユルヴェーダセラピストであり、

『潜在意識』という非物質のエネルギーそのものを調整する波動測定士でもあります。

 

はりきゅう治療では『氣』、波動療法では『カルマ』どちらもエネルギーの調整・修正を行なっています。

 

目の前の様々な問題は、実は『潜在意識(無意識)からの影響を濃く受けている』のが真相です。

 

そこには潜在意識にある「マイナスカルマ」が関わっていて、

 

自分にとって不都合な問題は、マイナスカルマの表面化と捉えてよいでしょう。

 

生まれた時にDNAとともに引き継がれる家系由来のカルマ、今世で新たに積んでしまったカルマ、

 

そして、過去世でクリアできなかった・やり残してしまった霊的な宿題であるカルマなど、

 

KTS-PRO波動測定では、潜在意識の中に潜んでいる情報を確認することができます。

 

カルマの解消・潜在意識のクリアリングのための波動療法・波動カウンセリング

 

悩む時こそカルマ解消のチャンス

 

苦手なこと、辛いこと、できるなら避けたいという事柄にこそ「霊的な宿題」をクリアするチャンスが秘められています。

 

そして、私たちがこの霊的な宿題(マイナスカルマ)に取り組むには、肉体を持って生きている時でないとできないのです。

 

〈ピンチはチャンス〉という言葉があるように、自分にとっては不都合や困難に思えるシチュエーションは、

 

無意識下でその「宿題」をクリアしたいと願うがゆえに発生していることなのです。

 

カルマって何?宗教?

この悩みは、どうしてカルマが原因なの?

 

訳が分からない人は少なくありません。

 

だからこそ、何度生まれ変わっても、カルマの解消は難しいのです。

 

潜在意識ではリベンジを果たすと誓って生まれてきても、物質的観念しか信じない顕在意識が邪魔をする。

 

一人よがりの綱引き状態のまま、目の前の辛い現象に振り回されている状態から卒業しましょう。

 

カルマの解消・潜在意識のクリアリングのための波動療法・波動カウンセリング

 

身体だけでなく「意識」のケアもできる場所

 

世の中には、物質である肉体のケアはマッサージや整体など一般的にありますが、

 

身体の不調=《結果》を掘り下げて、その《原因》を癒す意識のケアに取り組んでいきませんか?

 

当院は、東洋医学とアーユルヴェーダ療法による『肉体のケア』とKTS-PRO波動測定器による本格的な『意識のケア』

 

 物質と非物質の両面を癒していける国内でも稀な治療院です。

 

KTS-PRO波動測定器によって、ダイレクトにあなたの潜在意識(4・5次元領域)へコンタクトして

 

『病気や症状』『不都合な現象』を作り出す因子の波動の軌道修正を行っていきながら、

 

マイナスカルマの解消へと向かうサポートを行なっています。

 

 

原因と結果を知るための波動療法

 

マイナスカルマからの解放は、波動測定器が行うのではありません。

 

波動測定結果をヒントに『今の自分の状態は、自分の潜在意識に積み重ねられたマイナスカルマが深く関わっている』という繋がりを、

 

理屈ではなく【認識した】ときから、『マイナスカルマから解放されていく』法則が働いていきます。

 

それは、まるでトランプの神経衰弱のよう。

 

今の不都合な現実を引き起こしているマイナスカルマという「原因」のカード。

 

今の目の前に起きている現実という「結果」のカード。

 

表向きは異なって見えても、どちらのカードも同じものであることに気付くことです。

 

【マイナスカルマ解消のプロセス】

 

 ①波動カウンセリングで、潜在意識の状態と自分のカルマを『知る』

 

②今の自分の状態は、潜在意識にあるカルマの影響であることが徐々に『腑に落ちる』

 

③こんな自分は嫌だ。カルマを手放します!!と自らの意志で『許可する』

 

④波動カウンセリングで得たヒントを基に、カルマを手放すための『行動をする』

 

⑤日常の中での意識の変化とともに、現実にも変化が現れてくる

 

⑥日常生活や人生がより良く方向転換していく

 

現状を変えたい、人生を変えたい、自分を変えたい、病気を手放したいと望んでいる人は、

 

KTS-PRO波動カウンセリングで『潜在意識』をケアすることから始めましょう。

 

カルマの解消・潜在意識のクリアリングのための波動療法・波動カウンセリング

Ten治療院

愛知県名古屋市千種区覚王山

~東洋医学 はりきゅう治療・アーユルヴェーダ・波動療法~

 

*身体の治療についてのホームページはこちら*
●トップページ Click
●ブログ Click

 

関連記事一覧