肩こり・頭痛・目の疲れ・・・頭の後ろに赤いシミがあったら要注意

アーユルヴェーダについて, 鍼灸治療について

肩こり・頭痛・目の疲れ・・・頭の後ろに赤いシミがあったら要注意

 

自分では見えない後ろ姿。

健康に対して要注意のサインが現れていることを、自分では見つけにくいのが、後ろ姿ではないでしょうか?

 

そこで、下記の症状に心当たりのある方は、後頭部の髪の生え際に赤いシミがないか一度確かめて貰いましょう。

 

・首肩のひどい凝り

・頭痛

・仕事の能率や集中力の低下

・物忘れが増えた

・眼精疲労など目の症状がある

 

意外に多い、後頭部の赤いシミ。

 

これは、東洋医学では中風の前兆と言われ、

中風は現代医学でいう脳梗塞や脳出血といった脳血流の循環障害のことを指します。

 

脳疲労回復のためにシロダラー・ヘッドスパ・ヘッドマッサージではなく鍼灸治療を|愛知県名古屋市千種区覚王山で東洋医学・アーユルヴェーダ・波動カウンセリング・波動カウンセリングならTen治療院

 

赤いシミのサインは、「瘀血(おけつ)のサイン」

 

赤いシミのサインは瘀血のサインです。

脳の血流障害と、それによる自律神経やホルモンの障害が起こっている可能性など、

症状の根本には「瘀血=血液の質と循環に問題がある」ことを教えてくれています。

 

当院では、後頭部の赤いシミ=瘀血のある部分にダイレクトに処置を施す手立てがあります。

 

吸い玉カッピング刺絡治療です。

 

これは、〈血流障害を起こす毒素を体外にデトックス〉して脳血流を回復する技。

 

問題をすばやく解決するためには、このアプローチこそ根本的な措置となります。

 

脳疲労回復のためにシロダラー・ヘッドスパ・ヘッドマッサージではなく鍼灸治療を|愛知県名古屋市千種区覚王山で東洋医学・アーユルヴェーダ・波動カウンセリング・波動カウンセリングならTen治療院

 

脳のケアに、鍼灸治療の選択肢を

 

後頭部の赤いシミを放置しないでください。

脳を守るために、当院の血液デトックスケアでは必ず後頭部の確認をしています。

 

「身体」には吸い玉カッピング刺絡治療:頭部の瘀血を体外へと排出して自己治癒力を高める鍼治療の技

「脳」への治療はYNSA(山元式新頭針療法):「その人にとって」最適な脳の状態にする鍼治療法

 

身体と脳を併せてケアする、鍼灸治療の取り組みです。

 

どちらも、薬のように強制的に脳や身体を変える手段ではありません。

 

また、YNSAは脳疾患の治療を得意とする鍼治療ですので、脳の異常を治癒へと導くアプローチとなります。

 

 後頭部の赤いシミが気になる人、当てはまる症状がある方、ぜひ一度ご相談下さい。

 

Ten治療院

愛知県名古屋市千種区覚王山

~東洋医学 はりきゅう治療・アーユルヴェーダ・波動療法~

 

関連記事一覧