吸い玉カッピング刺絡治療とは

 

 

「身体の不調は、血液から」

〈血液の質〉と〈血管の質〉が、全身の状態を左右すると伝統医学は教えています。

つまりそれは〈血液と血管をケアする〉ことが、あらゆる不調を改善する可能性を秘めているということです。

 

当院では、血液・血管に対する最善最良のアプローチ方法である「吸い玉カッピング刺絡治療」を導入しています。

ほんの1mm程度の痛みのない鍼で皮膚表面をタップし、その上から吸い玉カッピングで皮膚を吸い上げて「鬱血を体外へ取り去る」鍼灸治療ならではの特殊な技。

このような刺絡治療の前処置として理想的なアーユルヴェーダ式オイルマッサージ。

細胞・血管・神経・脂肪組織などにこびりついた老廃物や毒素をオイルの力で溶かし出し、循環を妨げる体内毒素を効率よくデトックスするための下準備がなされていることが当院の特長です。

 

投薬を一切用いず、副作用の心配もない「血管のパイプクリーニング」は、血液・リンパ液・氣エネルギーの詰まりを一気に開通する最強のデトックス法で、通常の鍼治療やマッサージの枠を超えて、血液に直接アプローチできる極みのテクニック。

古い赤血球や老廃物・毒素が溜まりすぎた〈血液の質〉の低下や、スパイクタンパクや血糖などによる血管の慢性炎症で起こる〈血管の質〉の低下は、血管の詰まりを発生させて、血液の循環不全を引き起こします。

 

コロナ禍以後のこれから、不快な症状を感じた時には、血液と血管のデトックスに特化したケアを知ることで、解決の道が開かれていくことでしょう。

新鮮な血液を隅々まで巡らせることを、あなたの命は望んでいます。

 

※施術後のカッピング痕の程度は個人差があります。気になる方はご相談下さい。