献血もデトックスしたことになる?

 

 

献血をするのも、血液デトックスになるのでしょうか?というご質問がありました。

 

体力と筋肉量があり血気盛んであれば、献血で余分な血液を放出することで、体調が良くなる場合もありますが、『デトックス』が目的となると、血液を浄化するための処置が必要となります。

 

私たちが健康であるための必須条件は、身体の隅々に新鮮な血液を巡らせていること。

 

胃腸そのものの働きが低下していたり、人工的な成分や素材の食品や飲み物の摂取を続けていくと、消化しきれずに体内に停滞する未消化物をつくり、腸から血管に流れ出ると毒素となり血液を汚していく

 

こうして汚れた血液は体内で停滞したまま、ネバネバした血塊=瘀血(おけつ)となり、血管にはべりついて、血流悪化の根本的な原因となります。

 

こうした瘀血(おけつ)こそが、『万病の元』

 

当院の血液の浄化コースは、万病の元となる瘀血を体外へ排出させることを目的とした吸い玉カッピング刺絡治療がコース内容に組み込まれています。

 

アーユルヴェーダでのオイルマッサージなどのオイル療法は、これら瘀血をデトックスしやすくするための前処置として必要なステップ。

 

当院ではアーユルヴェーダ式オイルマッサージを施した上で、吸い玉カッピング刺絡治療による血液デトックスを行います。

 

献血の場合は、体重などの個人差や目的によって約200~400ml程、おおよそペットボトル1本分ほどの身体に必要な血液を抜くため、負担がかかることを考慮した上で、献血が可能な年齢・体重・血圧などの基準が設けられている。

 

それに対して、吸い玉カッピング刺絡治療の場合は身体に不要な汚れた血液のみがターゲットなので、献血よりも約10分の1程度の排出量です。

 

そのため、よほどのことがない限り治療の直後に貧血を起こすことはなく、末梢の毛細血管に詰まった微細な血栓をクリーニングします

 

<献血と吸い玉カッピング刺絡治療の違い>

 

献血:大きな静脈から身体に必要な血液量を抜き取る

吸い玉カッピング刺絡治療:毛細血管から身体に不用な汚れた血液に的を絞って、治療として少量排出する

 

吸い玉カッピング刺絡治療を定期的に受けていくことは、万病の元から病気を防ぐ未病対策として、美容効果、アンチエイジングにもおすすめです。